News

新型コロナウイルス対策について(活動再開に向けて)

公開日 2020年3月19日(木)
詳細

新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、政府からは「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」が発表され、全国的なイベントの自粛や学校の休校が続き、当協会および各支部においても、行事の中止、教室の休講などそれぞれ対応を図っていただいております。
その間、専門家会議からはクラスター感染3条件のリスクを避けるなど指針が出され、協会として役員、支部長、委員長へ当面の活動自粛をお願いし、ホームページにも注意喚起や途中経過を含めお知らせしてまいりました。
3月19日の専門家会議の見解を受けて、協会としての以下の方向性のもと、注意事項を守っていただくようお願いし、活動を再開することといたします。

協会の方向性
① 本部主催教室の4月以降の講座再開(4月以降の受講希望者は受付済み)。
ただし、一部日程調整があります。
② 会館稽古場における自主教室についても注意事項を守っていただく前提で、4月以降の自粛要請はしない。
③ 支部活動については、既に中止決定されている行事もありますが、支部行事、支部所属教室については、地域の状況が違う為、以下の注意点を守って、支部のご判断でお願いします。
④ 委員会、プロジェクトの会議も同様としますが、メール等の利用も工夫してください。


地域における注意
① 全国クラスターマップに掲示された地域を含め、各人がしっかり対策をして、オーバーシュート(爆発的集団感染)を引き起こさないよう引き続き気持ちを引き締めて参加する。
② 地域行政によって対応が違ってきていることから、地域の情報を確認する。
③ 行事等開催時は、地域の感染の実情を考慮し、主催者が十分な対応が取れないと判断した場合は、中止する勇気も必要です。


教室再開にあたって守っていただきたいこと
① 窓を2方向開放し、換気をはかる
② 手洗いをし、アルコール消毒をする
③ 教室、施設、道場内の手すりなどは極力素手で触らない
④ 休憩時はお互いの接近、接触は避ける(咳エチケットも大切)
⑤ マスクは着用が望ましい
⑥ 教室、施設、道場までの交通機関は自己の責任で気をつける
⑦ 日々の体調管理を啓蒙する(体温測定を日々行う)
⑧ 咳、熱がある場合は休む(先生と連絡を密にする)
⑨ 体調が悪いなと思ったら、教室に行かない勇気も大切です
⑩ 楽しみな稽古の後の懇親の場も、密閉・密集の場となりますので、注意してください
⑪ 教室の先生は、クラスター感染3条件のリスクを避ける行動を確認してください


一人一人がお互いに守り、お互いに気遣い乗り切りたいと思います。